隣家の倉庫を借りています

私が住んでいるのは地方都市の結構な田舎町です。田舎ではあるのですが、家の周辺だけは15軒ほどが密集しています。農業をしているお宅も多いのですが、我が家は普通のサラリーマン世帯です。私の趣味は車です。普段の通勤に使用している車以外に、趣味のために3台保有しています。自宅に置ける車の数は、ぎゅうぎゅうに詰めても4台です。私と妻の車、それと私の趣味の1台の合計3台を庭に置き、残りの2台を隣家の倉庫を借りて保管しています。もともと隣家は農家だったのですが、おじいさんが亡くなって農業をやめてしまいました。そこで、使用し無くなった大きな倉庫を、私が毎月3,000円の賃貸料を支払って借りているのです。「家賃なんていらないよ」とは言ってくれたのですが、それでは返って借りにくいのでと隣家を説得し、無理やり3,000円を支払っています。週末になると、朝から隣家の倉庫に入り浸って、自分の車をいじっています。その時間が私にとっては何よりもストレス解消になる至福のひと時です。