原状回復とはどのようなものなのでしょう

賃貸物件に住んでいる人であれば、原状回復という言葉をご存知でしょう。この原状回復というのは、退去時にそれまで住んでいた本人が、部屋の状態を入居時に出来るだけ近づけておくことです。しかしそうはいっても、たとえば畳が古くなって変色した、あるいは壁布が黄ばんできたなどで、どう頑張っても元に戻せないものもあります。そのような場合は、原状回復の対象からははずされます。また、家電や家具を置いたためにできるへこみなども対象外になります。ではどのような場合に原状回復が必要かというと、本人のミスによる破損や汚れなどです。もし飲み物や食べ物をこぼして、カーペットにしみをつけた場合とか、壁に釘を打ち込んで、かなり深い部分まで跡が残った場合などは、本人の責任として原状回復がされることになります。またたとえば、本人がドアなどにイラストを描いたり、勝手に色を塗ってしまった場合なども、本人が原状回復をしなければなりません。又、貸倉庫等の事業用不動産を借りた場合も同様です。ちなみに本人の責任がもとで現状回復をする場合は、敷金からその費用を引かれますので、当然戻って来る敷金は少なくなります。