貸事務所でも東京の大規模なビル内事務所の場合、

  • J1iYmCf2
  • 07 10月 2019
  •   貸事務所でも東京の大規模なビル内事務所の場合、 はコメントを受け付けていません。
貸事務所というのは有名大企業が入っているビルの中のオフィスなどは当てはまるかどうかは疑問もありますが、東京都内に見られるような最大規模を誇るビルや貸事務所、レンタルオフィスの賃貸業務を主としている事業所としては、三菱地所、三井不動産、森ビルなどというのがあります。
実は、小生も森ビルでは無いが、東京・大手町のビル(新大手町ビル;三菱地所系)の一角のワンフロアーを借りきって、○○会社のサラリーマンとして仕事をしていました。 これらは一種の大規模なビルの一角の貸事務所に当たるでしょう。
因みに、東京駅西口側の丸の内や大手町一帯は三菱地所と言う会社のビルを所有しています。 この会社は、三菱グループの中核企業の一つであり、旧三菱財閥が開発した東京駅周辺の「大丸有地区」といわれる、大手町、丸の内、有楽町に、巨大ビルを30棟以上を保有していりとされています。
これらの東京の中枢と言われる有名ビルの事務所に入居する為には、相応の信用や審査があるようです。 先ず、資料の請求、オフィス情報、担当者との打合せ・面談、事務所の選定、入居申し込み書、信用審査(企業の規模や設立数年のベンチャー企業など、様々な業種・規模)、契約書の取交しと手続きや作成、オフィス内装レイアウトの検討、入居の為の工事や目安、移転準備と実施、そして業務の開始、 同時並行として各種官公庁などに対し、移転の届出なども行います。
この様に、大規模貸事務所の場合は、大幅な準備期間と正式契約、入居などの煩雑な手間と時間が掛かるのが一般的です。 一方、小規模貸事務所の場合は、それらに反比例してかなり簡略化されて推移して行くものと思われます。

最近の投稿

カテゴリー